虹のたもとについて

天国の少し手前には、虹の橋があると言われます。

そして、生きとし生けるものの魂はやがて「虹のたもと」に集まると言われます。

私達は「虹のたもと」という名前に、
日々苦しい思いをしている方が
最後にたどり着く場所になれるようにと、
そんな思いを込めました。

私達は、たくさんの経験を通して、
絶望の淵というのがどんなものかを知っています。

そしてまた、
そこから抜け出す手段も
たくさん身につけてきました。

「できることは全てやり尽くした…」

そんな方こそどうぞご連絡下さい。
ここには、数年、数十年悩み続けた方の
問題を解決してきた実績があります。

努力だけでは超えられない壁を
一緒に乗り越えていきましょう。

私たちからの手紙

~霊の世界を信じていない人もご安心してご相談ください~

初めまして、虹のたもとと申します。
私たちは男女ペアで活動するスピリチュアルカウンセラーです。

HPをご覧いただきありがとうございます。

スピリチュアルの世界というと、好き嫌いが分かれるところでもあり、また、特に霊の世界ともなると、信じる信じないで極端に分かれてしまう場合も少なくありません。

私たちのもとにご依頼いただく方は、霊の世界にも理解が深く、目に視えないものに対しても畏敬の念を持ち、人の力の及ばない大きな力があることを信じている方がほとんどです。しかし、そういったご依頼者さんの周りの人などでも、「霊の世界は信じていない」という人が多いという話も聞きます。

私たちはこの視えない霊の世界にどう向き合い、みなさんとの世界をどう繋いでいくかをずっと考えてきました。

そして、「霊」とはなんなのか、私たちが見えている世界が本当に現実なのかどうかを真剣に考え、ひたすらに実地検証を行い、科学的とはいかないまでも、合理的に一つの答えが出せる程度までには考えてきました。

その結果、霊の世界の理解と、人の心の理解は切っても切り離せないものなのだという結論に至りました。それは、霊は心が作り出しているものだという簡単な結論ではなく、心のエネルギーと霊の世界とは深くつながっているということです。

西洋の宗教家が「神を見るとは自らの心を見ることだ」といったことの真理もまたそういうことなのだろうと思います。

神社の本殿には鏡が置かれていますが、それもまた、自分を映すことによって神の存在を見ようという深い理解あってのことです。

霊の世界で問題を探る時、この心の問題解決をなくして本当の問題解決はできません。

一般的に霊能者に依頼をすると、霊が何体ついていると言われ、取りましたと言われて終わりです。いや、それならまだ良いほうで、「なかなか取れないから何度も通ってください」と言われてしまうこともあります。しかし、私たちは経験上、それで問題が根本から解決した人を見たことがありません 。

確かに、浄霊などをすればその場で身体が軽くなったり、体調不良が治ったりすることもあります。しかし、同じ生活に戻り数日も経てば元に戻ってしまいますし、そもそも、浄霊を受ける本人は本当にそれが霊のせいだったのかも分からなければ、本当に霊がとれたのかもわかりません。もしかしたら「とってもらったから大丈夫」という心の安心から身体が軽くなったのかもしれません。

しかし、なにが原因だったのかという本当の原因が分からないと、その時に気分が良くなっただけで、また同じ問題が遠からず生じてしまいます。

だからこそ、私たちは「問題の原因の的確な特定」に力を注ぎます。安易に霊のせいにせず、現実的な環境面や心理面からも徹底的に原因を探っていきます。

私たちは、自分たちの霊視の力にかなりの自信を持っていると同時に、常に、「それが間違っているんじゃないか」「もっと他に原因があるんじゃないか」ということを徹底的に自問自答しています。

ですので、私たちのカウンセリングには、霊の世界を信じていない人もたくさんいらっしゃいます。霊の世界には否定的な方も安心してご相談いただければと思います。

~私たちのスピリチュアルカウンセリングの特徴~

私たちのスピリチュアルカウンセリングの特徴は、「問題解決に特化」していることです。

慰めや気休めで終わることなく、
心の状態を安定させて、
問題の原因を的確に特定し、
今日から何をしていったらよいかを明確にお伝えしていきます。

今は独りでできないことも、
心に寄り添って、
自分の力で進んでいけるように後押しします。

私たちは、ご依頼者さんをお客様だとは思いません。ご相談者さんの問題を一緒に解決するための仲間だと思って全力を尽くしていきます。確かに、対価はいただきますが、それは商売だからではなく、私たちがご相談者さんの問題を解決するために全力を尽くせる環境を作るために頂くものです。

ご相談者さんと対等であるからこそ、仕事とプライベートの線引きなく、人として、全力でご相談者さんを助けていきたいと考えています。

私たちがお力になれるかどうか、いつでもご 相談くださいませ。

こちらから話を聞かせてください

問い合わせたからって必ず依頼しなければいけないなんてことはありません。
ただ、相談していただくだけで解決できることもあります。

問合せフォームに「ただ話を聞いて欲しい」という欄があります。
悩んでいるのなら、一度話してみてくださいね。

相談にお金は一切かかりません。