【霊能者が教える】自分でできる霊障の見分け方、調べ方やチェック方法!

この記事では自分でできる幽霊のセルフチェック方法をお伝えしていきます。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

「眠れない」
「疲れが取れない」
「気分が上がらない」
「自分が自分でないみたい」

良い日もあれば
悪い日もある。

生きていれば
絶好調の日ばかりではないので
たまには
不調の日もありますが

・ある時を境にそうなった
・病院などで原因を調べたけどわからない
・あまりにもそれが続く


といった場合は
もしかするとその原因は
霊障にあるかもしれません。


そこで、今回はあなたの不調が
霊障なのかどうか
霊障の調べ方(見極め方)
をご紹介します。


私も数々の霊障に悩まされてきました。

「もしかしたら私…霊障かも…」
と悩んでいる人は
ぜひ読んでみてくださいね。

「霊障の症状ってどんなのがあるの?」という方はこちらの記事もお読みください。

目次

霊障の原因

霊障の原因は
霊とあなたの波長が合ってしまい
霊があなたのところに留まっていること
が原因です。

そのため
霊障を受けない1番の方法は
霊と波長を合わせないことです。

霊障の原因になる霊は
基本的に低い波動を持っていますので
高い波動でいることを心がけることが大切です。

霊障を受けやすい人の特徴

・霊感が強い人
・エネルギーに敏感な人
・繊細な人
・心に隙がある人
・悩みがある人
・ネガティブな人
・家族に霊感が強い人がいる
・エネルギーの悪いところに行く機会が多い
・心が揺れやすい人
・怒りや不安を抱えている人
・周りの影響を受けやすい人

・身体が弱っている人

基本的に
霊の低い波動と自分の波動が合ってしまう人が
霊障にかかりやすいです。

そのため
弱っていたり
悩んでいたり
波動が低くなっている時に
霊障を受けやすい傾向あります

こんな場所には気をつけて!霊に憑かれやすい場所

・事故現場や事件現場
・水のある場所(海・湖・川・池など)
・日の当たらない場所
・風の通らない場所
・掃除が行き届いていない場所
・活気がなくエネルギーが停滞している場所

・ネガティブな人の近く

これも“波動の低い場所”と
まとめることができると思います。
波動が低い場所は
直感的に
「長居はしたくない」と思うような場所です。

特に霊障を受けやすい人や
自分自身が弱っている人は
「いやだな」と思う場所は
できるだけ早く撤退したり
避けるのが賢明です。

霊障の調べ方、チェック法

ここまでの記事を読んで、
「自分に当てはまるかも」
と思った方のために、
霊障の調べ方、チェック方法を
お伝えししていきます。

チェックの基準は「反応があるかどうか」

霊障は見えないものですので、
目で見る以外の感覚で
捉えていきます。

ですので、霊障チェックのポイントは
「それをやって反応があるかどうか」
です。

~チェックポイント~
反応があるかどうかを調べる

【匂い】

霊の嫌がるものの代表的なものは匂いです。
ここでは、昔からよく言われているものの中で、私たち自身が試してきたものをご紹介します。

・アロマ:柑橘系(特にグレープフルーツ)、ゼラニウム

霊が嫌がる匂いとして柑橘系、
特にグレープフルーツの匂いがあります。

また、ゼラニウムは
空間浄化用のスプレー
『虹たもスプレー』でも使っている
精油であり、効果的です。

・ホワイトセージ

ホワイトセージは乾燥させた葉っぱを焚いて使います。こちらもスピリチュアルの世界ではよく使われている匂いです。

・しきみの線香

しきみは古くから魔除けに使われている木です。
このしきみを線香にしたものがいくつもありますが、
以下のお店の『天然しきみ線香』は
添加物も使用しておらず、
大容量で値段も手ごろでおすすめです。

ちなみに、この線香を友人に分けてあげたところ、
「寝る前にたくととってもよく眠れるようになった」
といっていました。

香りの好き嫌いは好みもありますが、
興味のある方には一度使ってみることをおすすめします。

・天然香料のみの線香

香りに関わらず、線香も霊が苦手とする
代表的なアイテムです。

ただ、線香は、最近の
香りにこだわった人口の添加物が
加えられているものではなく、
可能な限り天然の香料にこだわったもので、
昔から伝わるものがおすすめです。

おすすめは「高野霊香」です。

これは、
「古来の経典に基づき天然の香料で仕上げた昔ながらの線香」
と説明させています。

また、高野山内の寺院の多くが今も実際に用いている線香です。

実際には必要最低限の
添加物は入っているようですが、
とても純粋な香りの線香です。

また値段も安いです。

・ファブリーズ

「除霊」と検索すると、
関連ワードで「ファブリーズ」が出てくることがありました。
調べてみると、「ファブリーズで除霊できる」という
都市伝説があるようでした。

そこで、実際私たちも霊に試してみました。

結果、若干の反応はありましたが、
特に霊が変わった様子はありませんでした。

ただ、「香り」が霊に影響を及ぼすことは
あるので、多少の作用はあるのかなとも思います。

【除霊・浄霊グッズ】

・お守りを持つ

お守りも霊障対策の一般的なアイテムです。
ただし、神社やお寺で並べて売られているものに
それほど力があるかというと、
そうでもありません。

お守りやお札の作り方って、
工場で作られて
製品化されたものを
何十も何百もまとめて
祭壇において、
一度祈祷して
お授け品に回ります(販売されます)。

それだとどうしても、
神仏の効力が宿りづらくなってしまいます。

なので、ちゃんと1枚1枚、一つ一つ
祈祷してもらえるような場所で授けてもらった
お札などでないとあまり効果的といえません。

また、それであっても、
本当に力のある人が力を宿らせないと、
全然効力のないお札が出来上がってしまいます。

神仏の力は目に視えないものですが、
心のこもったお札を手に入れることが大切です。

・祈祷されたパワーストーン

パワーストーンは石によってその効果が違うと言われますが、
私たちが実際に使用してみて霊に効果的だと思うのは

・オニキス
・黒水晶
・天眼石
・純粋な水晶

・那智黒石(採掘地が日本の物)

です。

ただし、石はただのエネルギーの器のようなものです。なので、購入した場所によってはすでに悪い気が入っていることもあります。また、ちゃんとしたものを買っても、最初は空っぽですので、しっかりと祈祷をしてもらうか、自分で念を込め続けて石を育てていくことが大切です。

ちなみに、「河原の石を拾ってはいけない」なんていわれることがありますが、
その理由の一説には昔、戦や病に倒れた人が川にたどり着き、最後に見た景色が倒れた目の前にある石で、その思いが宿っているから、なんて言います。

どのような石であっても念は宿りやすいですので、扱いには気をつけましょう。


※写真は直径2センチほどの天眼石です。

・除霊系スプレーなど

ネット検索していると、
除霊スプレーのようなものがいくつか見つかります。

ただ、本当に効果のあるものはほとんど見つけられません。

本当に力のあるものは、
霊能者などが個人的に作っていたり、
特別な目的のために作られたりしたものに
限られるのかなというのが実感です。

本物が見つかれば、
かなり体感は得られるはずです。

市販品の中にも多少有効なものはありますから、
ゆとりがあれば試してみても良いでしょう。

・音叉

霊に効く周波数は「4096Hz」
らしいのですが、
この周波数の音が出る音叉などがあります。

人によっては効果があったという人もいるようですが、
体感的にはあまり効果はありませんでした。

ただ、霊体はエネルギーですので、
「周波数」で除霊するという考えは
理に適っているのではないかと思います。

ただ、実際に霊が視える霊能者から見ると
ある程度の「音圧」をかけないと効果がないように感じます。

音叉程度で鳴らして
除霊ができるかというとなかなか難しいというのが実感です。

・五鈷杵を持つ
・金剛鈴を持つ(鈴の音)
・念珠を持つ

この辺のアイテムは霊障に対して
かなりの効果をもたらしてくれます。

ただし、パワーストーンと同じように
買った当初は空っぽの状態です。

なので、霊障への効果を期待するなら、
僧侶の持ち物を借りるなど
力のこもったものを持つ必要があります。

しかし、五鈷杵などは、その形そのものが
霊を打ち砕く力があるようで
五鈷杵を不調の箇所にかざすことで、
かなり体感の変化が得られる人もいるのではないかと思います。

何年も前になるのですが、私たちが、
初めてこの五鈷杵を知ったのは
パワーストーンの専門店の店主さんと話している時でした。

その時たまたまお店に宅急便が到着しました。

店主さんは
「そうだ、これ面白いから見ていってよ」
といって、今届いた宅急便を開けて
見せてくれたのが五鈷杵でした。

仕入れのために取り寄せていたものが
ちょうど届いたタイミングでした。

店主さんは
「今どこかに不調ある?」と聞くので、
調子の悪いところを言うと、
その五鈷杵をそのあたりにかざしてくれます。

すると、その不調の部分がすっきりしたのです。

もちろん、私たちの場合は霊障ではありませんでしたが、
五鈷杵というのはそういう不調のエネルギーを粉砕する
力があるということをその時知りました。

それから、これは霊障にも絶対に使えると
確信して今に至っています。

五鈷杵は私たちが浄霊をする際に
いつも持っているアイテムの一つでもあります。

ただし、デメリットが一つだけあります。

それは、本物の五鈷杵は値段が高いということです。
もし、虹たもにお越しの方で興味がありましたら、
お声をかけていただければ実際にお持ちいただけます。

また、金剛鈴の音は魔をうち破ります。

大切にされた念珠はその玉一つ一つが仏様です。
それに、そもそも念珠は仏様の真言を
何百回何千回何万回唱えるために使うものですので、
その真言がしみ込んでいます。

良い玉の念珠を用いるよりも、
使い込まれた念珠を用いる方が効果的です。

・フラワーエッセンス

フラワーエッセンスとは、花の持つエネルギーを水に転写したものです。

オフィシャルサイトには以下のような説明があります。

「フラワーエッセンスを飲むことで花の持っているバイブレーション(波動)が、感情や習慣的態度を調整してくれます。 特に恐れや不安、怒り、嫉妬、寂しさ、悲しみ、自信喪失などの気力の低下など日常的に陥りがちなネガティブな感情を、ポジティブな方向に向け、その人本来のもつ平和で穏やかな安定した状態へとバランスを取り戻してくれます。」

参考:フラワーエッセンスオフィシャルサイト

日本ではあまりなじみのないものですが、
海外では人気があるようです。

これは、あやめが瞑想に出会う前まで
一番効果があったと言っていたアイテムです。

霊は波動ですから、
自分自身のエネルギーが変われば
霊障の影響を除去できます。

ですので、霊障かどうかを判断するためには、
自分のエネルギーを変えられるか
(あるいは空間のエネルギーを変えられるか)
がポイントになると言えます。

・レメディ

レメディーとは、植物、動物組織、鉱物などを水で100倍希釈して振盪(しんとう)する作業を10数回から30回程度繰り返して作った水を、砂糖玉に浸み込ませたものです。 希釈操作を30回繰り返した場合、もともと存在した物質の濃度は10の60乗倍希釈されることになります。

参考:日本医学会

レメディというのは「エネルギー」を転写させた数ミリの小さな砂糖の玉です。これは自然治癒能力を高め、あらゆる症状に効くと言われています。

ただし、医学的には意見も二分されているようで、効果がないという医者も、効果があるという医者もいるようです。

上の引用元は批判的な記事ですが、下の皮膚科のお医者さんは肯定的な方のようです。

 レメディとは、鉱物や植物などの物質を高度に希釈して振盪する操作を繰り返したものです。通常はそれを砂糖玉にしみこませたものを使います。

 ただ、元の物質は天文学的に希釈されています。例えば、臨床の現場で使われる12Cという強さでは、100倍希釈して振盪を繰り返す操作(1)を12回繰り返したものなので、1,000,000,000,000,000,000,000,000倍に希釈されています(2)。

 これは元の物質を大西洋に1滴落とした場合に相当します。実際によく使われるレメディは30C, 200C, 1000C など、さらに希釈したものがよく用いられいます。

 「そんなものが効くのか!?」 と思うのはごもっともです。私も最初に聞いた時は信じられませんでした。でも実際に自分でやってみると、正しく選ばれたレメディは確かに有効なことを実感します。

参考:貝が森皮ふ科

いずれにしましても、「科学的ではない」というだけで目に視えない可能性を全て排除する人は、この記事を読んでいないでしょう。

科学というのは必ずしも正しいわけではありません。科学は現時点でわかっていることしかわかりません。

また、実際、私たち自身も現代の科学や医学は救ってくれず、科学では軽視されている瞑想や呼吸法、その他の東洋の智恵によって救われたことがたくさんありますし、そういう人たちを見てきました。

なので、やはり、自分の体感をもって何ごとも判断していくのがよいかと思います。

ただし、そのための大切な条件が一つあります。
それは、
「安全である」ということです。

なんでも体感で試そう!と思って
なんにでも手を付けると、
健康被害にあったり、
高額なお金を請求されたりしてしまうことも
あるかもしれませんので、
その点はしっかり見極めていきましょう。

ちなみに、私たちの体感では
レメディは特段効果を感じませんでした。

・虹たもスプレー(完売)

これは私たちが作っていた除霊用のスプレーです。

虹たもスプレーの作成には非常に手間がかかるため、
現在は作っていません。そのためここに載せなくても
良いかなと思いましたが、
たくさんのものを紹介しておくことで、
アイテムを選ぶ時の参考になればと載せておきます。

このスプレーは榊としきみという
神道や仏教で清めや魔除けに使われる木の葉を
特別な水で蒸留して、
更に特別な祈願で水にエネルギーを宿らせて
作るものです。

また、その過程で精製した蒸留水に
グレープフルーツやゼラニウムなどの
アロマを混ぜて、霊の苦手な匂いも作り出します。

物質は全てそうですが、
あらゆるものにエネルギーが宿ります。

その中でも水は特にエネルギーが宿りやすい物質です。

このように素材にこだわり、
エネルギーを転写させると
実際に効果的な除霊スプレーができます。

これまで見てきた他のアイテムもそうですが、
エネルギーをどれだけ宿せるかというのが
除霊アイテムのポイントになります。

【その他】

・塩風呂(祈祷された塩)

祈祷された塩をいれたお風呂に入るのも
一つの方法です。

それでお風呂上りにスッキリするかどうか
みてみてください。

祈祷された塩はなかなかみませんが、
神社などでたまに売っているのを見かけます。

探してみてくださいね。

参考までに:祈祷された塩のお授けがあった場所
・北口本宮冨士浅間神社


※見かけたらまた追記していきます。
※ただし、現在あるかはわかりません。事前に問合せなどしてみてください。

・身体に塩をかける(祈祷された塩)

身体に塩を振りかけるのも有効です。

ただし、先程も書いた通り、
祈祷された塩を見つけるのは意外と大変ですし、
また、しっかり祈祷の力が入っているかも
見極めるのが難しいです。

良い塩が見つかったら
値段もそれほどしませんので、
ぜひ試してみてください。

・お神酒風呂(祈祷された酒)

祈祷された塩は探しづらいかもしれませんが、
祈祷されたお酒なら簡単に見つけられるでしょう。

最寄りの大きめの神社を探してみてください。

「お神酒」として置いてあるところが見つかるはずです。

川越の氷川神社では、
お授所で声をかけると
いつでも頂けたはずです。
たしか500円程度だったと思います。

ちなみに、
川越氷川神社には、
簡易の神札ホルダーを200円で頂けます。

※三面大黒天の御金印は「大雄山最乗寺」のものです。

参考までに:お神酒のお授けがあった場所
・靖国神社
・川越氷川神社


※見かけたらまた追記していきます。
※ただし、現在あるかはわかりません。事前に問合せなどしてみてください。

・霊水(神水)を飲む

霊水は、神社の境内などでとれる井戸水がおすすめです。

大宮氷川神社では、手水場の後ろに
お神水が汲める蛇口があります。

ただし、飲む際は煮沸してからのほうが安全でしょう。

また、お風呂に入れてみるのも良いでしょう。

※雨の日に大宮氷川神社の水を汲みに行く際は気を付けてください。
井戸水のため水が濁り、
細かなゴミがたくさん混じってしまいます。

蛇口を勢いよく出さずに
少しずつ水を出すと、
比較的浮遊物を少なくして
水を汲むことができます。

参考までに:お神水があった場所
・大宮氷川神社


※見かけたらまた追記していきます。
※ただし、現在あるかはわかりません。事前に問合せなどしてみてください。

【家、場所】

・盛り塩

盛り塩は通常のやり方ではまず効果がありません。

本気でやるなら、
祈祷をした塩を用いるのはもちろんですが、
最低でも1週間に一度程度は交換しなくてはいけません。

また、それでも、
家全体に結界を張れるほどの効果はなく
ごく部分的な場所の使用に限られます。
(例えば、タロットをするテーブルを囲んで神聖にするなど)

玄関の両隅において
家に入る時の結界にするのも
悪くはありませんが、
ほとんど効果がありません。

・お札を張る

これは正当な方法です。

もちろん、しっかりと力の入っているお札であることが条件です。

またお札を張る場所は、方位などを気にするよりも、
自分自身がお札と向き合える場所に張ることが大切です。

どこかわからないところに張って
そのうち忘れているようでは
お札の力も段々と薄れていってしまいます。

お札に向かいその力を信じ、
常に感謝できるところに張っていれば
必ず神仏の加護が得られるものです。

・部屋の電気の明るさをアップする

霊障とは気分に左右される部分も多くあります。

そして、気分というのは「光」によって左右されることがあります。

薄暗い部屋にいるとどうしても気分が落ちてしまいます。
もちろん、心を鎮めたい時には良いのですが、
それが行き過ぎると陰気な気を発するようになります。

「家に帰るとどうも気分が乗らない」
というような人は一度部屋の明るさも気にしてみてください。

・観葉植物を置く

観葉植物もよく用いられます。
植物の良い波動が霊障に良い影響を与えることはあります。

ただし、葉の奇麗さばかりに気を取られて
水受けのお皿が汚れていたり、
土にカビが生えていたりしないように気を付けてください。

観葉植物を置く際は
清潔を保つことです。

よく、部屋にたくさんの観葉植物を置いている人がいますが、
場合によっては置かない方がよいほど空気が汚れていることがあります。

自分で日々管理ができる範囲で
用いてください。

・家の周りに祈祷された砂をまく(神砂など)

家の周りに祈祷された砂をまくというのも
良く行われる方法です。

ただ、こういう砂もなかなか入手しにくい
デメリットはあります。

また、入手できる量が少なく、
力はあっても実質的に
形式ばかりで役に立たない
こともあります。

それでも、
お守りとして持つなどすれば、
一般的な物よりも力を発揮してくれるはずです。

地鎮祭などの際には用いたりするので、
近所の神社にもあるかもしれません。

近所で見かけたら入手してみてください。

参考までに:お神砂があった場所
・氷川女體神社(氷川女体神社)


※見かけたらまた追記していきます。
※ただし、現在あるかはわかりません。事前に問合せなどしてみてください。

・護摩の灰

護摩の灰は、不動明王を本尊として
迎える護摩という修法の後に出る
灰です。

こちらは成田山川越別院でお授け頂けます。

こういったものも
身体に振りかけてみたり、
お守りとして持ってみたりすることで
なにかしらの体感を得ることができる
のではないでしょうか。

【お経、祝詞】

お経や祝詞は除霊に必須の行いです。

ただし、これには注意が必要です。
まず、読みなれていないとそれほど効果が得られません。

また、人に読んでもらう場合であっても、
霊を特定してその霊に向けて読まないと
除霊・浄霊できないことがあります。

特に強い霊であればあるほど、
「特定」しないとお経の効果が得られません。

それでも、お経は霊障を助ける最高の方法になるでしょう。

以下では誰でも試せる
簡単で力強いお経を紹介します。

・般若心経

こちらは定番中の定番のお経です。
youtubeなどにも読み方がたくさんアップされています。

テキストは「NHKサービスセンター」というところが
無料でPDFを提供してくれているので、
そちらを参考にしてください。

HNKサービスセンター:般若心経

般若心経を読むときは最低でも3回は繰り返して
読むようにしてください。

・光明真言

光明真言は全ての仏様の中心である大日如来の真言とも言われます。

オン アボキャ ベイロシャノウ マカボダラ マニハンドマ ジンバラ ハラバリタヤ ウン

この真言は日常の中で唱えるなら7回、
除霊の効果を求めて用いるなら最低でも100回は読んでいきましょう。

こちらの読み方も
youtubeにたくさんありますので探してみてください。

また光明真言については以下に詳しく書いていますので、
そちらも読んでみてくださいね。

・不動明王真言

不動明王は、誰でも知っている代表的な仏様です。

その力はとてつもなく強いもので、
不動明王が付き従えるものに四大明王がおり、
それぞれもまた非常に強い力を持っています。

また、不動明王の侍者には
三十六童子というものがいます。
童子というかわいい名前ですが、
その一人一人がそれぞれ一千万の従者を従わせています。

不動明王はそれらの頂点に立つ王ですから、
その力は私たちの想像の及ぶところではありません。

この不動明王にはいくつかの真言があるのですが、
その中の火界咒というものを唱えると以下のような功徳があると言われます。

不動明王にはいくつか呪文があって、
その中の火界咒という咒を唱えれば、一切の魔軍を焼き尽くし、大魔王を降伏させあらゆる諸願が成就すると言われています。また、この咒を唱えるものは十二天(東北の伊舎那天、東方の帝釈天、東南の火天、南方の閻魔天、西南の羅刹天、西方の水天、西北の風天、北方の毘沙門天、上方の梵天、下方の地天、日天、月天)に加護され、不動明王の眷属である矜羯羅童子(こんがらどうじ)と制多迦童子(せいたかどうじ)などがお釈迦様を敬うかのように、奉仕してくれるといいます。さらに、この咒を受持するものは地獄に落ちることもないと言われます。

願いが叶う最強の言葉「真言:マントラ」ご利益最強の真言はなに?

ただし、この火界咒というのは少し読みにくいので、
一般的に読まれる以下の不動明王の真言を用いればよいでしょう。

【慈救咒(じくしゅ)】
ノウマク サンマンダ バザラダン センダ マカロシャダ ソワタヤ ウンタラタ カンマン

・龍神真言

龍神は祈りを天に届けてくれます。
また、悪霊などに食らいついて食べてくれたりもする
強力な味方です。

ただ、そもそも龍神様とご縁のない方には
その力を借りるのは難しいかもしれませんが、
虹たもを通して
こうしてお祈りしてくださる方の元には、
きっとうちの龍神様が力を貸してくれるはずです。

【龍神真言】
ノウマク サンマンダ ボダナン メイギャ シャニエイ ソワカ

■ 真言の力を本当に求めるのなら相談してください

もし、真言の力を信じ、
本気で仏様の功徳におすがりしたいと一心に唱えたいのなら、
どうぞ私たちに相談してください。

あなたが真言を唱えるというのなら、
その真言の仏様があなたに力を貸してくれるように、
私たちがあなたとその仏様を繋ぎます。

それは無料で行わせていただくので、
一心に唱えたい想いがあるのなら、
どうぞ一言お声掛けください。

・祓詞

こちらは神道のものになります。
「はらえことば」と読みます。

お祓いや身を清めるために用いられます。
ただ、神道系で
除霊に効果があった人を私たちはほとんど見たことがありません。

神様の存在は、
良い霊も悪い霊もすべて含めて
受け入れてしまうところがあります。

どうも、除霊・浄霊などには
あまり向かないのではないかと思っています。

ただし、
祓詞を通して
身を清めて
心を正しくすれば
必ずや神様のご加護があり
事態を改善させてくれるはずです。

【頼る】

・神社の祈祷

お祓いというと「神社」と思う方が一般的ですが、
神社のお祓いで霊障を解決できた人を
見たことがありません。

ただ、人によっては
お祓いを受けたら身体がすっきりした
という人がいるのも事実です。

ですので、神社でのお祓いを試してみるのも
悪くはありません。

・お寺の祈祷

お寺の祈祷というのは「仏教系」ということですが、
全てのお寺の祈祷が霊障に効果的なわけではありません。

お寺の中でも有効なのが
不動護摩などを行う
密教系のお寺や、
呪文などを用いる宗派です。

そういうお寺は、
お釈迦様の純粋な教えとしてどうかと思いますが、
霊障に関しては頼もしい存在です。

ただし、気をつけなければならないのが、
そういうお寺で祈祷をする
ほとんどの僧侶が
実際に霊は視れません。

視れないのに、
あたかも真実であるように
想像や知識で話をします。

霊が視えないということは、
ちゃんと除霊・浄霊できているのかもわからないし、
そもそもなにが憑いているのかもわからないので、
それに合わせた対処ができません。

ですので、
必ずしも言われたことを100%信じるのではなく
自分の体感と合理的な判断を持って
祈祷を受けるようにしてください。

そうすればきっと
仏様の力によって
大きな変化が得られるはずです。

・霊能者

霊の世界のことは、
やっぱりプロの霊能者に相談するのが一番です。

ただ、本物の霊能者に出会うのは
自分で霊障を解決するよりも難しいかもしれない…
というジレンマがあります。

ですので、もし、
本物の霊能者の噂を聞いたら、
とにかく行って話を聞いてみる
ということも大切です。

そこで、偽物の霊能者に引っかからないための
ポイントをここでいくつかお伝えしておきます。

①霊を根拠に脅してこないこと

まず、「あなたにはこんな霊がついているから、ほっておくとこうなる。今すぐなんとかしないといけない」という風な脅しをしてきたら、そこはやめた方がよいでしょう。

②「除霊」のために何度も通わせる

一度では霊がとれないからといって、
何度も通わせるようなところも避けた方が無難です。

そういうところは能力がないか
あるいは商売のためにそうしているかのどちらかです。

まれに、本当に時間のかかる場合があります。
しかしそれは、除霊・浄霊に時間がかかるのではなく、
本人の心持ちを変えるためにかける時間です。

除霊・浄霊を行うところは大抵、
スピリチュアルカウンセリングも行っていますから、
カウンセリングで通うなら良いのですが、
ただ「除霊・浄霊」のためだけで
時間を長引かせるような場所は避けた方がよいでしょう。

③高額すぎる

霊能者というのは特殊な職業です。

どんなことでもそうですが、
特殊な技術を持っている人ほど
依頼料は高くなるものです。

ですので、著名な霊能者になれば
1時間15万円とかとられることもなくはありません。

しかし、除霊・浄霊や先祖供養のためといって
ローンを組ませて何十万も
請求が来るようなところは避けた方がよいでしょう。

まずはHPなどを見て
料金が明確に書かれているかも一つの参考にしてください。
もちろん、ちゃんとしたところであっても
料金体系が複雑で書けない場合もありますが、
一つの目目安にはなるでしょう。

ただし、逆に
安すぎるところも止めておいた方が良いです。
なぜなら、
なんの役にも立たないからです。

また、これは受ける側が
気をつけなければならない点でもありますが、
無料でできるところを探したり、
少しでも安くやってもらうという気持ちで
霊能者を探さないことも大切です。

なぜなら、本物の霊能者は
礼節や義理人情にも厳しい人が多いです。

だから、自分たちが全力を尽くせるように
しっかりと金額設定をしたり、
時には無償で労力を割いたりもしてくれます。

そういった好意に気づかず、
人の労力だけを奪って
無償であるいは安く力を借りようとすれば
相手方もあなたを助けてくれなくなって
しまうかもしれません。

ですので、大切なことは、
まず、自分の問題の重さをしっかりと受け止めて
その問題が解決できるなら
いったいいくらの対価が妥当なのかと
考えてみてください。

例えば、家が傾いて建て替えなければならないのに、
3,000円しか払えないのでは、
よい大工さんは見つかりません。

逆に言えば、
洗面台の水漏れを直すだけなのに、
50万円も請求してくるようなところに頼んだのでは、
それもまたあなたには合わない場所でしょう。

それと同じように、
自分の問題に見合った霊能者を探していってくださいね。


・波動の高い人の近くに行く

これはかなり効果的な方法です。

波動の高い人というのは、
なにも霊的にどうこうの人ではありません。

ただ、その人と会っていると元気をもらえたり、
モチベーションが上がったり、
楽しくなったりする人のことです。

もし、身近にそういった高波動の人がいなければ
波動の高い人の講演を聞きに行くとか、
講座を受けるとか、そういったことでも構いません。

霊障というのは悪い霊との共鳴で起こります。

【音楽・動画】

・お経を聞く

ここでは、お経を読むのではなく
youtubeなどでお経を聞く方法です。

これも今まで沢山聞いてみましたが、
youtubeに載っているもので
流すだけで効果的だったという
お経はありませんでした。

ただし、あなたのために読まれたものや
そういった除霊・浄霊の意図をもって
読まれたお経であれば
録音であっても効果があるはずです。

youtubeのお経は
基本的には単なるお勤めや
録音ために読誦したものが
ほとんどだと思うので、
なかなか難しいのかもしれません。

よいものが見つかればまた紹介していきたいと思います。

・除霊系音楽を聴く

これはほぼ効果なしです。

ただし、霊障は気分に左右されますから、
気分の良くなる音楽を聴けば
自分の波動が変わり、
結果的に霊障の克服に効果を上げることはできるかもしれません。

気分の良くなるヒーリングミュージックなどを
探してみてくださいね。

・高周波波動の音楽

霊の世界は波動の世界ですから、
それをチューニングするような方法は理に適っているのではないかと思います。

ただし、一定の周波数を出すためには
再生機器やスピーカーやイヤホンの性能も関わってきますので、
そうとう環境にこだわらないと難しいのではないかと思います。

ただ、いずれにしても
良い音、良い音楽は
方法としては悪くないので、
ぜひ色々探してみてください。

これらの方法を試した時の体感の出方

ここまで色々な方法を紹介してきましたが、
これらの方法を試した時の体感の出方を最初に紹介します。

良い出方

体感の良い出方は

・気分がよくなる
・体調がよくなる
・身体が軽く感じる
・身体の重みが消える
・目の前が明るく見える
・周りの人の態度が優しくなる

などなど、
様々な良い影響として出てきます。

悪い出方

逆に、悪い出方をすると

・気分が悪くなる
・体調が悪化する
・身体が重く感じる
・だるくなる
・寝れなくなる
・不運が起こる

などといった悪い影響として出てきます。

影響が出る理由

では、なぜ良い出方と悪い出方をすることがあるのでしょうか。

それは、ここで紹介した方法の効果と霊の強さに関係します。

例えば、ここで紹介した方法の一つが
あなたにとても効果的で、
かつ、霊も弱く、その方法によって
霊が一気にいなくなったすれば、
良い影響が出ます。

ですが、方法は効果的であっても、
霊が強く、中途半端にその方法が効いてしまい、
霊が暴れるようなことがあれば、
悪い影響として現れます。

よく、「お経は唱えない方がよい」「塩はまかない方がよい」ということを聞きますが、それは、中途半端に霊に影響を与えると時に霊を暴れさせてしまって逆効果だからです。

ここで大切なことは「霊障かどうか」を知ること

ここまでの方法を試して、
明らかになにかしらの反応がある時には
霊障を疑ってみてください。

そしてもし、
「自分は霊障かもしれない」と思った時には、
プロに相談するのが良いでしょう。

ただし、その時には、
あなたは相当悩んでいるはずです。

そういう時は心の隙間につけいられやすく、
悪徳な霊能者などに騙されやすくなってしまいます。

霊障だと思っても、
焦らずに、
ゆっくりと対策を考えていってください。

霊障だと思ったらどうすればよいか

ここまで色々な方法を紹介してきました。
ただし、こうやって色々羅列すると、
どうしても、ちょっとやっては次を試して、
ちょっとやっては次を試して、
という風に、一つのことをちゃんとやり遂げる前に
中途半端に一つの方法に取り組んでしまうようになります。

例えば、般若心経というお経がよさそうだと思ったけど
3回、5回読んだだけで「なんにも体感がない」といって
やめてしまう人がほとんどです。

ですが、そういったスタンスで取り組めば
どの方法も必ず失敗に終わります。

なので、まずは一つ決めたら、
ある程度やり切るまで試してみてください。

一度の体感で効果を決めてしまうのではなく
複数回行い、過半数で効果を感じられるかを
試してみてください。

そうすれば、ここで挙げた様々な方法の
どれをとっても、
きっと良い効果を期待できるはずです。

また、セルフチェックで霊障だと思った方は、
次の記事も読んでみてくださいね。

■ もっと早く確実に霊障かどうか知りたい方へ

もちろん、もっと早く確実に霊障かどうかを知りたい方は、
私たちにご相談ください。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.