・星読みカウンセリング 【星読み】

生きづらさや苦悩を抱えている人の星的な原因

 

今まで様々な人を見てきた中で、

生きづらさや苦悩を感じて生きている人には大きな特徴がありました。

 

それは、生まれ持った「天命」と明らかに違う生き方をしているということです。

 

これは、星を見るとわかるのですが、

私達にはもって生まれた人生の使命のようなものがあります。

 

具体的にどんな職種を選択するかなど、

そういった選択肢の余地はありますが、

本質的な生きるべき方向性というのは、

やはり一つ決められたものがあるようです。

 

そういうのを天命とも宿命とも呼びます。

 

この生き方に気づかず反して生きていると、

身体に不調をきたし、心身ともに最悪の状態に陥ったりしてしまいます。

 

私達がご依頼者様の悩みの相談を受ける中で、

星をみますと、「あれ、この人こんな使命をもっているんだ」

と思うことがあります。

 

しかし、考えられないほど、

その星の示す生き方と今の生き方が違ったりします。

 

その時に、

「ああ、この方の物事がうまくいかない原因はここにあるのか」

と納得することがあります。

 

 

そして、天命に沿って生きることを選択させてあげると、

急激に不調や不運が解消していくことがあります。

 

天命を無視して生きるということは、

魚を陸にあげ、鳥を水の中で飼うようなものです。

 

不調や苦しみを生み出して当然なのです。

 

今の社会にはたくさんの価値観とたくさんの選択肢があります。

その中で、自分がどう生きるべきなのか、

そういう天命を知ることは難しいかもしれません。

 

もちろん、中には、星を知らずとも、

自分の使命を実感し、生き生きと生きていらっしゃる方もいます。

 

しかし、多くの人はその「道」に迷っています。

 

星はそういう人にとって道しるべとなります。

 

不調や不運が続いているという方は、

是非一度、ご自分の人生の使命、天命を探ってみてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめ記事

1

星には自分の持って生まれた運命が明確に書かれています。本質鑑定では心の傾向、心の傾向の活かし方、生き方の傾向、人生のテーマ、目指すべき生き方、才能、仕事、コミュニケーション能力、才能の活かし方、お金の ...

2

星占い、西洋占星術とも呼ばれる「星読み」。虹のたもとの星読みで一番人気は「本質鑑定」です。ここでは「本質鑑定」書の読み方を詳しくご説明していきます。本誌鑑定書はPDFか郵送でのお渡しとなりますので、全 ...

3

【 2021.1/6 下弦の月(天秤座)】   今回の下弦の月は 『一歩下がって、客観的に分析する』という意味を持つ 天秤座16度(サビアン読みだと17度)で起こります   どんな ...

4

「最近よくないことが続く」「頭痛、首や背中の痛みなど原因不明の身体の痛みに悩まされている」「何年も不幸から抜け出せない」など、「これって霊障かも?」と思うことがあると思います。今回は除霊・浄霊を正しく ...

-・星読みカウンセリング, 【星読み】

© 2021 虹のたもと