虹のたもとの神社巡り「武蔵一宮氷川神社で神様と対話」氷川神社の神様に聞いたこと

【神様とお話:神社仏閣巡り】

これから、虹のたもと(虹たも)では、

様々な神社仏閣に出かけてそこの神様と対話し、

その内容を書いていこうと思います。

初回は地元「武蔵一宮 氷川神社」です。

 

武蔵一宮 氷川神社の神様

武蔵一宮 氷川神社(以下、大宮氷川神社という)は、

埼玉を中心に約280ある氷川神社の総本社です。

ここには、

須佐之男命(すさのおのみこと)
稲田姫命(いなだひめのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)

という三体の神様が祭られています。

 

氷川神社について|武蔵一宮 氷川神社
氷川神社のご由緒を説明します。

 

地元の方であれば一度は行っているとっても有名で親しみのある神社ですね。

 

大宮氷川神社の神様に聞いてみたこと

 

大宮氷川神社の神様を呼んでみたところ、

3つのエネルギーが交じり合ったような存在が出てきました。

これは、個々に神社を守っているというよりも、

その3神のエネルギーが交じり合って一つになって神社を守っているような感じでした。

そこで、そのエネルギー体にいくつか質問してみました。

 

まず、

「お参りにはどれくらいの頻度できたらよいのか?」

という質問をしてみました。

それには、

「なるべく多く来てもらいたい」

という趣旨の回答がありました。

具体的には週に1~2回程度は来て欲しいということでした。

 

次に、「ここではどんなことをお願いすればよいのか?」

という質問をしてみました。

そうしましたら、

「報告をしてほしい」

という趣旨の回答を得ました。

なにかをお願いしに来るのではなく、

日常での出来事を報告してくれるのが嬉しいのだそうです。

そして、報告をして相談してくれたら、

それに合ったものを与えてくれると言っていました。

 

氷川神社に参拝して、近況を報告し、

困ったことがあれば相談をすれば、

神様がそれにあった解決策や物を与えてくださるということでした。

 

大宮氷川神社へのお参りの方法

 

確かに、言われてみれば納得の答えです。

私達はつい、なにか事の起こったとき、

神頼みで神社や仏閣にお参りに行きがちです。

 

もちろん、神様なそんなことで怒りはしませんが、

やはり、自分の都合をぶつけるだけの人よりも、

常日頃から神社や神様を大事に思っている人のほうが、

神様の意に叶いやすいということはあると思います。

週に1~2回参拝するのは近くに住んでないとなかなか行けませんが、

月に一回など、定期的に参拝する機会を作るとよいと思います。

 

参拝だけなら無料で止められる駐車場もあります。

 

また、お願い事よりも

自分の近況を報告すると良いというのも納得でした。

 

私達にとって氷川神社は氏神様になりますので、

自分達のことを報告することで、

神様も喜んでくださりそうです。

 

そうすれば、私たちのことも覚えていてくれそうですし、

いざという時にはきっとお力をお貸しくださると思います。

 

 

後記

今回、大宮公園を散歩していてふと、

氷川神社の神様とおしゃべりすることを思いついたので、

なにを聞くかを決めていませんでした。

そのため、あまり多くは聞いてきませんでしたが、

今後、様々な神社仏閣に出かけて、

そこの神様やエネルギーを視てこようと思います。

 

それが皆様の行きつけのパワースポットを見つけるお役に立てばうれしく思います^^

 

 

※写りこむ光は単なるカメラレンズの特性によるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました