新月や満月で体調を落としてしまう人

・星からのメッセージ

【 星の動きで体調が悪くなる人へ  】

 

 

昨日は日食でしたが

みなさん、体調はいかがでしたか?

 

私はというと

かなり星の影響を受けるタイプなので
ここ最近は、やたら寒かったり(体感温度がおかしかった)
日食中もフラフラしたり
体が痛んだりして、不調でした。

 

今回の日食に限らず

満月や新月でも体調やメンタルが落ちる人は

結構いて。。。

 

いい機会だと思ったので

今回は満月や新月で体調が悪くなる理由を
西洋占星術の視点から読んでみました。

もしよかったら参考になさってください♡

 

***

 

太陽の陽のエネルギーと
月の陰のエネルギーは

人間の
陽のエネルギー(交感神経)よ
陰のエネルギー(副交感神経)と深く関係しています。

 

なので、身近でいうと
新月、満月といった月の満ち欠けは
陽から陰へ、陰から陽へと折り返す節目
(宇宙のエネルギーのバランスが変わるタイミング)ですから

新月、満月で体調やメンタルが崩れる人が多いのは
宇宙のエネルギーバランスの変化に引っ張られて
自律神経が揺さぶられ
体調面、メンタルのバランスが崩れやすく
というわけです。

 

***

 

そして、今回の場合ですが
昨日の新月は日食で
ただでさえ、新月の威力が強かった上に
夏至が重なり

夏至というのは
1年の中で最も陽のエネルギーが極まる時で
ピークを迎えた陽のエネルギーはここからだんだんと
陰のエネルギーに向かっていく、
まさに陽から陰に転ずるタイミングですから

普段の新月よりも
もっともっと大きな陽と陰のバランスに動きがあったわけでして
そりゃ、激しく自律神経、
そして、体調やメンタルを崩しても当たり前なわけです。

 

***

 

症状の特徴としては

【 体調面 】

だるさ
眠気
寒気
火照り・熱がこもる(でも平熱)
体がざわざわする
体の表面がヒリヒリ痛い
神経痛・筋肉痛・関節痛
吐き気
めまい
頭痛
疲れやすい
耳鳴り
動悸
便秘・下痢
口や喉の不快感・息がうまく吸えない
肩凝り

 

【 精神面 】

イライラする
泣きたくなる
不安感が強くなる
怒りっぽくなる
全てを終わりにしたくなる
恐怖心におそわれる
記憶力や集中力の低下
物事の決断ができない
意欲の低下
気分が落ち込む

といった感じで
自律神経失調症の症状とよく似ています。

 

なので、日頃から星の動きに左右されたくない人は
体幹と自律神経を鍛えるのが効果的だと思うのですが

「受けやすい体質」を持っている方は
やらないよりかは楽にはなるでしょうが
いくら鍛えても
完全にはとりきれないと思いますし

そもそも、これらの症状というのは
宇宙のエネルギーバランスの変化とともに
自分の中の陽と陰のエネルギーのバランスが変わっていることの証明で
宇宙と調和しながら生きている私たちにとっては
当たり前の反応ですから

あまり神経質になったり
自分を責めたりするのはやめて
その反応を受け入れ
大人しく、陽と陰のバランスの変化に
自分自身が馴染んでいくのを待つのがいいと思います。

 

***

 

ということで
星の動きで
体調、メンタルを崩す人!!
あなただけじゃないから大丈夫ですよ!!

この記事が誰かのお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました