・今月の新月、満月 【過去の記事一覧】

〜いらないものを手放して正直な自分で生きる〜 魚座の下弦の月

6/13日は下弦の月です

下弦の月とは
満月から新月(新たなスタート)に向っていくにあたり
見直すべきこと、手放すべきものを確認し
軌道修正していくタイミングです

特に今回の下弦の月がつながっている蟹座の新月は
タイミングよく夏至となるため、
フレッシュさ、リセット感が増し増しです。

つまり、蟹座の新月ではじめたことは
今までの流れを断ち切り
新たな流れを作りやすいということ。

なので
スパッと流れを変えたい人や
新たな流れを呼び込みたい人は
次の新月はチャンスですし、
新月の流れにうまく乗るためには
今回の下弦の月からの準備(デトックス)が
とても大切ということになります。

 

***

 

では、どんなデトックスをしていけばいいかですが

今回の下弦の月のテーマは
「正直に生きる」ですので

簡単にいってしまえば
「正直になれない自分」
を手放していってほしいと思います

といっても、いきなりそれは難しいですから
まずは、正直な心で選択し、
行動していくことを心がけてみてください。

 

全てのもの、ことに対して
正直な心で
やりたいか、やりたくないか
ほしいか、ほしくないか
言いたいか、言いたくないか
食べたいか、食べたくないか
行きたいか、行きたくないか
をはっきりさせてみてください。

自分の選択するものが決まってくると
自然とやるべきこと、手放すべきものも決まってきます。

 

***

 

また、今回の下弦の月は
火星と海王星と団子状態になった月が太陽と90度を作ります。

これは先日UPした
1週間の星占いでも書いたように
怒りや悲しみ、戸惑いの下にある
“本当はこう思っている”ってこと
(本当に望んでいること)を掘り起こし
浮かび上がらせてくれる星模様ですから

今回の下弦の月では
まずは“怒り”や“悲しみ”がバーンと出てきて
しんどい思いをする人が多くなると思いますが

それによって
自分の“正直な気持ち”が見えてくることになる人も
多いと思います。

 

***

 

今回の新月は夏至と重なり
秋分の日までの約3ヶ月間、エネルギーが持続します。

3ヶ月後というと
ちょうど
土星や木星の逆行が終わるタイミングです。

土星、木星の逆行中は
今までの価値観を見直し
新たに未来への土台を作る時間ですから
この3ヶ月で私たちは
試行錯誤しながら
自分が正直に生きられる土台を作っていくことになります。

そのためにもまずは
今回の下弦の月で
「正直になれない自分」を手放していくこと。

 

1週間後にやってくる
新月(夏至)という
大きなリセットのタイミングを迎えるにあたって

ここで一度自分と向き合い
この1週間で
できるかぎり膿を出し切り
いらないものを手放し
正直に生きていくための調整、デトックスをしていきましょう。

 

この記事が誰かのお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

それではまた

おすすめ記事

1

虹のたもとのスピリチュアルカウンセリングはご依頼者様の現実問題を解決するために以下の8つのアプローチを行っています。①霊視・浄霊・ヒーリング、②西洋占星術、③供養・祈願、④潜在意識書き換え、⑤心理カウ ...

2

『生き方がわからない』、それは20代、30代、40代、50代、60代、70代、どの年代でも起こりえます。「生き方」には2つの道があります。「来た道」を振り返り現在地を知り、行く道を見つけていくこと、生 ...

3

星には自分の持って生まれた運命が明確に書かれています。本質鑑定では心の傾向、心の傾向の活かし方、生き方の傾向、人生のテーマ、目指すべき生き方、才能、仕事、コミュニケーション能力、才能の活かし方、お金の ...

-, ・今月の新月、満月, 【過去の記事一覧】