・今月の新月、満月

2020.12/8 乙女座 下弦の月

【 2020.12/8 乙女座 下弦の月 】

 

12/8は乙女座で起こる下弦の月です

今回のポイントは
太陽ー月ー海王星が
Tスクエアを作っていることと
太陽ー火星がいい角度を作っていること

 

まずTスクエアですが
これは
「あれこれ広げすぎて取っ散らかる」
みたいなイメージが浮かびます

なので8日前後では
「とりあえず良いと思ったことを
全部やってたら
どうにもならなくなってしまった…」
的な状況に陥り
困ってしまう人が多いかもしれません

 

ただ、下弦の月というのは
満月から新月に向けて
月が細くなっていく
つまり、デトックスの時期ですし

太陽と火星の組み合も
「的を絞って集中する」的な感じですから

このタイミングで
膨らみすぎたものが一度はじけ
対処しなければらなくなって
大変なんですけど…

ここでしっかり向き合って
対処していくこと
つまり、必要以上に膨らみすぎたものを
そぎ落としていくことで
結果的に
それが膿出しみたいな形になって

必要なものだけに集中する流れに
シフトしていけそうだなぁと思います

 

***

 

また
今回下弦の月が起こる
乙女座16度(サビアン読みだと17度)も
『溜め込んでいたものを吐き出す』
という度数です

ですので
感情も含め
溜め込んだり、我慢してきたことが
重たくなりすぎている人にも

それが
どうにもならなくなる
(堪えきれなくなる)といった感じで
強く影響してくると思います

ただ、そういう人にとっても
今回の下弦の月は
全て吐き出しスッキリさせて
本来の自分らしい生き方にシフトしていくチャンスです

 

アドバイスとしては
普段溜め込んでしまっている人は
このタイミングで
自分の中から湧き出し
堪えるのがきつくなるものがあると思いますから
恐れずバァーッとそれを
外に吐き出してみるてほしいと思います

たしかに、それによって
一時的に傷を負ったり
自分のイメージが壊れるようなことになるかもしれませんが
そこで壊れるのは
「我慢していた仮の自分」です

 

***

 

下弦の月の1週間後には
皆既日食が起こります

皆既日食には
「一度死んで蘇る」という意味があるのですが

この日食で
本来の自分らしく生まれ変わるためにも
今回の下弦の月で
全てを吐き出して
“仮の自分”を葬っておくのは
とても重要だと思います

 

***

 

先週起こった
満月(月食)もそうですが
これからは
日食、冬至、グレートコンジャンクションと
力のありすぎるイベントが続き

12月は
自分の生き方が変わる転機となるはずです

 

まずは
そのための第一歩として
今回の下弦の月で

広げすぎたことがある人は
本当に必要なことだけに絞り

我慢していること
溜め込んでいることがある人は
全て吐き出し
本来の自分を取り戻していきましょう

 

***

 

もう一度
「どう生きていきたいか」について
しっかり考え
不要なものを手放し
その生き方に集中しましょう

そうすることで
人生は大きく好転していくはずです

 

この記事が誰かのお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

おすすめ記事

1

星には自分の持って生まれた運命が明確に書かれています。本質鑑定では心の傾向、心の傾向の活かし方、生き方の傾向、人生のテーマ、目指すべき生き方、才能、仕事、コミュニケーション能力、才能の活かし方、お金の ...

2

星占い、西洋占星術とも呼ばれる「星読み」。虹のたもとの星読みで一番人気は「本質鑑定」です。ここでは「本質鑑定」書の読み方を詳しくご説明していきます。本誌鑑定書はPDFか郵送でのお渡しとなりますので、全 ...

3

【 2021.1/6 下弦の月(天秤座)】   今回の下弦の月は 『一歩下がって、客観的に分析する』という意味を持つ 天秤座16度(サビアン読みだと17度)で起こります   どんな ...

4

「最近よくないことが続く」「頭痛、首や背中の痛みなど原因不明の身体の痛みに悩まされている」「何年も不幸から抜け出せない」など、「これって霊障かも?」と思うことがあると思います。今回は除霊・浄霊を正しく ...

-・今月の新月、満月

© 2021 虹のたもと