返信先: 事例

ホーム フォーラム 談話室 事例 返信先: 事例

#241
虹のたもと虹のたもと
キーマスター

霊障を受けやすい人には特徴があります。

それは心の隙間があるということです。

これは、過去の経験から引き継いだ潜在意識の中の隙間です。

霊的なものはその心の隙間に入り込みます。

だから昔は、丹田を乗っ取られるという言い方をしました。

これは、丹田という場所が霊的エネルギーの充電池のような役割の場所で、

そこが陽のエネルギーで満たされていないと、

陰気なエネルギーが入り込んできてしまうということと本質的に同じことです。

人にはほとんどだれでも心の隙間があります。

だから、ほとんどの人にそれなりに霊が憑いています。

霊が憑いていない人というのはほとんどいません。

しかし、瞑想を行う人の中には、

霊が憑かない人も見受けられます。

それは、瞑想が心の隙間を埋める作業そのものであることとも関係しているのかもしれません。

いずれにしましても、心の隙間を埋めない限り、

霊が憑かなくすることはできません。

逆にいえば、心の隙間を知り、

それを埋めていくことで、霊障は劇的に消滅していきます。

  • この返信は8ヶ月、 3週前に虹のたもと虹のたもとが編集しました。
タイトルとURLをコピーしました