5/30 上弦の月 ここは分かれ道!どちらへ進むか決断の時です

【星読み】

2020年5月30日
乙女座の月と双子座の太陽が90度となり
上弦の月が起こります。

上弦の月とは
新月から満月に向かう過程で
問題や葛藤などが出てくるタイミングで
ここでいったん立ち止まり
出てきたものと向き合い、修正して
また満月(ゴール・達成)に向かって進んでいくという

いわば立て直しのタイミングです。

 

***

 

んで、今回は特に
新しい世界に「飛び込むか、飛び込まないか」
で迷っている人にガツンとくると思います。

ーー 飛び込むか、飛び込まないか ーー

とうとう
決断しないといけない時がやってきた…

そんな感じ。。。

多分、そういう状況になった時
世の中の流れ的にも
今は多くの人が
「泣きながらでも飛び込んでいかなきゃな」
って思ってしまう思うんですけど

今回、上弦の月は火星を加えて
Tスクエアを作っていて。。。

Tスクエアって、なんていうか
“3人で喧嘩してる”みたいな組み合わせで

たとえば、3人の場合だと
2人が真逆の意見で言い争ってても
3人目の人が
2人とはちょっと違う意見を出すことで
話が良い方向へまとまっていったりすることがあるじゃないですか

ただ、3人目の意見のせいで
余計にこじれることだってあります。。。

Tスクエアとは
そういう不安定な組み合わせなんです。

加わった刺激が突破口となり
「殻を破る」みたいに働くか
それとも状況をこじらせるか…

だから
ぱっと見、この上弦の星は
「みんな!勇気を出して新しい世界に飛び込んでいこうぜ!」
って言ってる風にも見えるのですが

はたして本当に飛び込んでいいものなのか…
悩んでしまいます。

もちろん、勇気を出して飛び込むことで
それが突破口となり
新しい世界が開けていく人もいると思うんですけど
飛び込んだせいで現状がこじれる人もいると思う。。。

***

ーー 飛び込むか、飛び込まないか ーー

じゃあ、どうやって決めたらいい?
ってことですが

月は火星と太陽とのTスクエア以外に
天王星と手を繋ぎ
“変わり方”の手ほどきを受けています。

天王星がいるのは牡牛座の8度で
ここは
「多少不公平になったとしても自分の満足、幸せを優先する」
という度数です。

なので
もし、誰かに言われたからとか
誰かのためにとかで
自分が飛び込みたいと思っていない世界に
渋々飛び込んでいこうとしているのならば
やめておいたほうがいいと思います。

人を幸せにするには
まずは自分が幸せであることです。

特に、今の私たちは
未来の土台を作っているのですから
なおさら、人のためじゃなくて
自分が満足できて
幸せになれる選択をしていくこと。

こうしたらこの人は幸せになるかな…
と人のために頑張っても
それでその人が本当に幸せになるとも限りませんし。。。

***

今は多くの人が
“変わらなきゃ”と焦りを感じていて
今回の上弦の月は
それを助長する感じになっていますけど

もちろん
「勇気を出して飛び込みたい」
と思える人は
ここはチャンスかなと思うので
是非とも、飛び込む決断をしてほしいですが

「飛び込まない」と決断をする人も
勇気ある正しい決断だと思います。

どうか自分の幸せを確保するのに
躊躇も後ろめたさも持たないでください。

まずは自分が幸せになって
それから他の人も幸せにしてあげましょう。

最後に、今回は乙女座ですから
心だけじゃなくて
体調にも不調が出る人がいると思います。

具合の悪い人は
無理せず、穏やかに過ごしてくださいね。

では今回はこの辺で。

この記事がお役に立りますように。゚.o。*:.☆。.:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました