牡牛座期の過ごし方

【星読み】

4/19、今まで牡羊座を進んできた太陽が牡牛座に入ります。

牡羊座は直感重視、スピード重視の火のサインだったので
太陽が牡羊座を進んでいた1ヶ月間は
打てば響くような迅速で臨機応変な対応が求められてきましたが、
地のサインである牡牛座に太陽が入ると
ゆっくり、堅実な道を探っていくようになります。

なので、これまでの1ヵ月は
感染拡大が深刻になり
次々に新しい政策や対策が打ち出され
バタバタしたものだったと思いますが

太陽が牡牛座に入ると
状況はどうであれ
私たちの心も少し落ち着いてくると思いますし、
また、牡牛座は
先(未来)を見つめる目を持っているサインでもあるので
少し落ち着いてくることで
今までは目先のこと、起きてくることに振り回されていた人も
真剣に今後について、考える時間が増えてくると思います。 

***

牡牛座の季節で
私が注目してるのは
太陽と天王星がぴったり重なることです。

ちょっと話が飛びますが
この牡牛座の天王星は
去年の3月に牡牛座に入り、
そこから約7年間かけて
「牡牛座の価値観」を作り変えようとしています。

前回、天王星が魚座から牡羊座に移動した時
東日本大震災が起こりました。

この日を境に私たちは牡羊座の象徴である
「火=原発」についての価値観がガラリと変わり、
そこからは「リセット・スタート」といった牡羊座の象徴が
強く反映された7年間になったと思います。

牡牛座とは
保守、安全、富と経済、財産
五感、食、物質性、働き方
才能、趣味、忍耐、我慢、頑固
などを象徴するサインですから

今度は7年かけて
当たり前になっていた牡牛座的価値観を見直し、新しく作り変えていこうという感じになります。

牡牛座の象徴する
安全、経済、働き方、忍耐、食…

コロナ騒動により
今、私たちが向き合わされていることに
とてもしっくりくると思いませんか?
天王星の改革は痛みを伴います。
そう考えると
今感じている痛みは改革の痛みなのだと思えます。

***

話は戻りますが
太陽が天王星と重なるということは
“牡牛座の価値観の見直し”について
より強く、向き合わされていくということです。

天王星の影響は一時的ではないので
今年、来年にコロナが終息しても
天王星が双子座へ移る2025年くらいまでは
牡牛座の象徴である
「これからどう生きていくか」
「どう食べていくか」について
ずっと向き合わされていくことになると思いますが

その7年間の中でも
1年に1回やってくる
太陽と天王星が重なるタイミング、
大きな目で見ると太陽が天王星と同じサインを進む1ヶ月間は
それについてかなり強く深く向き合わされることになるはずです。

なのでこの1ヶ月間は
働き方とか
お金の使い方とか
”変えなければならないこと”
が出てくる人も多いと思うのですが
言い換えればこれは
牡牛座の価値観を見直し、新しくしていくチャンス
(改革を起こすチャンス)と言えます。

アドバイスをするならば
今は、物質的豊かさを追い求める地の時代から
不要なものを手放し軽やかに生きる
風の時代へと変わっていく過程ですから
それを意識して
柔軟に自分の価値観と行動を変えていくこと。

また、牡牛座は
自分の力(才能・資質)で
立つ(生きる・稼ぐ・食べる)星座です。

なので、
好きなことで独立したいなと思っていた人は
これを機に
本気で考えてみるのもいいと思います。

***

ということで
太陽が牡牛座に滞在する1ヶ月間は
「これからどう生きていくか」
「どうやって食べていくか」
について考えさせられていくことになると思います。

天王星は改革の星。
今までの当たり前にしがみつくよりも
今まで積み上げてきたものを壊し
より良いものへと新しく作り直していく意識で。

どうせだったら
自分が楽しいと思える暮らし方、
輝ける方法で生きていきたいですよね。

そして今はそっちへ軌道修正していける
絶好のチャンスなのかもしれません。

この星読みが
少しでもお役に立つことを祈っています。

コメント

  1. […] 先日UPした牡牛座期の過ごし方に 詳しく書いてあるのでそれを読んでもらって […]

タイトルとURLをコピーしました