・今月の新月、満月 【過去の記事一覧】

2020.7/5 山羊座の満月【一つの終わり、そこは新たなスタートライン】

2020.7/5 山羊座の満月を迎えます。
今回の満月は
今年2回目の月食でもあります。

月食とは
いわば「すごい満月」で
普段の満月が1ヶ月の区切りだとすると
月食は半年間の区切りがつくタミングです。

そして
今回満月が起こる山羊座というのも
12星座の「物事の達成、ピーク、区切り」担当ですから

今回の満月では
多くの人が
結構、長いスパンで向き合ってきたことに対して
「到達する」とか
「決着がつく」とか
「答え、結果が出る」というように
何かしらの区切りがつくことになると思います。

 

ただ、全体を見ると
向かい合う月と太陽は
「改革」を表す天王星と手を繋ぎ
既に“未来”を見つめていますから

今回の満月では
何かしらの区切りがつくこと共に
未来への希望、可能性、課題のようなものも
一緒に見えてくることになると思います。

 

こんな風に書くと
今って本当に星の動きが派手で
地球規模、人類規模で
いろんなことが変わっているので

きっと
「自分も何か見つけて、変わらなくちゃ、何かやらなくちゃ」
と焦ってしまう人が多くなると思うのですが

 

今回満月が起こるのは

今、自分の身に起きていることとか
自分がやってることっていうのは
特別なことに思えるのだけども

実は、それって
そんなに特別なことではなくて…
大きな目で見れば
そういうことっていうのは
歴史の中で何回も繰り返されてきた
案外“よくあるもの”だったりするってことに気づく

という山羊座の13度。

 

***

 

ーー 私たちは「今」という時代を生きる一人の人間に過ぎません ーー

だからこそ
私たちの選択や行いによって
未来が変わってくるので
今を生きる私たちの責任は重大なのですが

歴史的に見れば
今、私たちの身に起きていることも
実はそんなに特別なことでもないことがわかると
変な力は抜けます。

 

ーー 「今」という時代を生きる一員として自分がやれること ーー

そう考えると私は
自分を、そして自分の周りの大切な人を
大事にしながら
元気に楽しく暮らすことなんじゃないかなぁと思います。

 

漠然と何かになろう、
何かをやろうとする前に

自分、そして自分の周りの大切な人を大事にすること。

 

でも、それができたら
必ず未来は良い風に変わっていくと思うんです。

 

「自分のやれることってなんだろう」

そう考えている人は
今回の満月では
「自分と、自分の大切な人を大事にしながら
 元気に楽しくいられる方法(生き方)」
を考えてみてください。

 

きっと、その答えが
あなたの未来の希望にもなり
課題ともなっていくはずです。

この記事が誰かのお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

おすすめ記事

1

『生き方がわからない』、それは20代、30代、40代、50代、60代、70代、どの年代でも起こりえます。「生き方」には2つの道があります。「来た道」を振り返り現在地を知り、行く道を見つけていくこと、生 ...

2

星には自分の持って生まれた運命が明確に書かれています。本質鑑定では心の傾向、心の傾向の活かし方、生き方の傾向、人生のテーマ、目指すべき生き方、才能、仕事、コミュニケーション能力、才能の活かし方、お金の ...

3

「最近よくないことが続く」「頭痛、首や背中の痛みなど原因不明の身体の痛みに悩まされている」「何年も不幸から抜け出せない」など、「これって霊障かも?」と思うことがあると思います。今回は除霊・浄霊を正しく ...

-・今月の新月、満月, 【過去の記事一覧】

© 2021 除霊・浄霊、西洋占星術『虹のたもとで』