【星読み】 ・今月の新月、満月 【過去の記事一覧】

2020.5/1 は獅子座で上弦の月が起こります。

今回の上弦の月は
2020.5/1 05:38に獅子座の月と牡牛座の太陽によって起こります。

上弦の月とは
新月から満月に向かっていく途中で起こる半月のことで、
新月はスタート、満月はゴールですから
その中間地点にあたる上弦の月は
今、自分が進んでいる方向が合っているのかを確認し
気持ちを入れ直したり
必要ならば軌道修正していくタイミングです。

この時太陽と月は90度になるので
問題が出てきたり
葛藤を抱いたり
体調(メンタルも含む)を崩したりしやすいのですが

そういうのによって
自分の見直すべき点、気持ちを入れ替えるべき点などが
見えてくるなんてことが多いです。

んで、今回の場合は
獅子座の10度の月と牡牛座10度の太陽で
上弦の月が起こっていて、
この度数はどちらも
「自分の心」を大切にするものですから

自分の心と現実(実際にしている行動)とのギャップがある人ほど
不調和が出てきやすくなりそうだなぁと思います。

***

なので、もし
この数日間
問題が出てきたり
イライラや葛藤、体調不良に苦しむことがあったら

まずは「自分の心の声」を無視していなかったかどうか
考えてみてほしいと思います。

幸せになる方法はひとつじゃなくて
柔軟に考えれば
いくらだって出てきます。

「こうしなくちゃいけない」
「こうじゃなくちゃいけない」
って思って苦しんでいる人は
その思いを手放していきましょう。

やり方はいくらだってあります。

この上弦の月から
また世の中の流れが変わってくると思います。

肩の力を抜いて
ふーーっとリラックス。。。

柔軟に、軽やかに
自分が心地いと思える生き方を目指していきましょう。

ーー 今起きていることは全て
自分が幸せになるために起きている ーー

そう思うと
また違ったものの見方ができるかもしれません。

この記事がお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

おすすめ記事

1

星には自分の持って生まれた運命が明確に書かれています。本質鑑定では心の傾向、心の傾向の活かし方、生き方の傾向、人生のテーマ、目指すべき生き方、才能、仕事、コミュニケーション能力、才能の活かし方、お金の ...

2

星占い、西洋占星術とも呼ばれる「星読み」。虹のたもとの星読みで一番人気は「本質鑑定」です。ここでは「本質鑑定」書の読み方を詳しくご説明していきます。本誌鑑定書はPDFか郵送でのお渡しとなりますので、全 ...

3

【 2021.1/6 下弦の月(天秤座)】   今回の下弦の月は 『一歩下がって、客観的に分析する』という意味を持つ 天秤座16度(サビアン読みだと17度)で起こります   どんな ...

4

「最近よくないことが続く」「頭痛、首や背中の痛みなど原因不明の身体の痛みに悩まされている」「何年も不幸から抜け出せない」など、「これって霊障かも?」と思うことがあると思います。今回は除霊・浄霊を正しく ...

-【星読み】, ・今月の新月、満月, 【過去の記事一覧】

© 2021 虹のたもと