【星読み】 ・今月の新月、満月 【過去の記事一覧】

蠍座の満月について

2020.5/7はさそり座の満月です。

今回の満月は
さそり座17度の月と
おうし座17度の太陽によって作られています。

このさそりとおうしの17度とは
どちらも「全部出し切ってスッキリする」といった意味を持つ度数で

今回はこの満月に対して
“夢”や“理想”を意味する海王星が
手を差し伸べている形になっているので

満月からの2週間は
『全部を出し切ってスッキリすることで
 新たビジョンが見えてくる』
みたいな流れになっていくと思います。

ただ、その“出し切るもの”っていうのは
人それぞれで

自分の中で
温めてきたもの(作品や計画)がある人は
それをお披露目するという形で出ることになると思いますし

自分の中に
溜め込んでしまっている感情がある人は
それが爆発といった形で出ることになると思いますし

隠していたものがある人は
それが暴かれる(バレる)といった形で出ることになると思います。

特に今回満月が起こる
さそり座っていうのは
ものごとの裏の部分や潜在意識といった
普段は見えていない部分を表す星座ですから
下の2つの“出し切り”に当たった人は
ドロッドロなものが出てきたりして
結構しんどくなりそうですが…

しんどくても、勇気を出して
この機会に膿を出し切ることができた人
(自分をさらけ出すことができた人)は
ずっと閉じられていたドアが開き
新たな風が吹き込んできた時のような開放感を感じ
本来の自分のあるべき姿が見えてくるはずです。

***

ということで
今回の満月は
新たな気持ちで踏み出していくための
解放(アウトプット)、膿出し、リセットです。

溜め込んでいるもの
隠しているもの
自分の中で温めてきたもの

そういうのがある人はこの2週間で
どんどん解放し、スッキリしていきましょう。

そして、その時のポイントですが
出し惜しみはしないこと。

良いことでも
悪いことでも
明るみに出すにはまだ中途半端だと感じていることでも
「これが今の自分の全て(限界)です」って
もう、とことん出し切っちゃうこと!

出し切ることで
必ず、見えてくるもの
感じられるもの(手応えとか)がありますから
それをじっと観察してみてください。

きっと、それは
未来への大きなヒントになっていくはずです。

最後に、満月に手を差し伸べている海王星がいる魚座の20度は
「直感で決める」という度数です。

全て出し切った後で見えてきたものについて
今までのように
こうしなくちゃいけないとか
こうしたらいけないとか
頭で考えるのはやめましょう。

直感でピンときたら
それを大切にしていくことです。

明日は良い時間帯に
月がまんまるになります。
お天気はどうでしょうか。
晴れるといいな。。。

それではみなさま
素敵な満月となりますように。゚.o。*:.☆。.:*

おすすめ記事

1

『生き方がわからない』、それは20代、30代、40代、50代、60代、70代、どの年代でも起こりえます。「生き方」には2つの道があります。「来た道」を振り返り現在地を知り、行く道を見つけていくこと、生 ...

2

星には自分の持って生まれた運命が明確に書かれています。本質鑑定では心の傾向、心の傾向の活かし方、生き方の傾向、人生のテーマ、目指すべき生き方、才能、仕事、コミュニケーション能力、才能の活かし方、お金の ...

3

「最近よくないことが続く」「頭痛、首や背中の痛みなど原因不明の身体の痛みに悩まされている」「何年も不幸から抜け出せない」など、「これって霊障かも?」と思うことがあると思います。今回は除霊・浄霊を正しく ...

-【星読み】, ・今月の新月、満月, 【過去の記事一覧】

© 2021 除霊・浄霊、西洋占星術『虹のたもとで』