秋分の日からの過ごし方 

・星からのメッセージ

【 2020.9/22 秋分の日 】

 

9/22太陽が天秤座に入ります
つまり《秋分》です

春分、夏至、春分、冬至
星読みの世界ではこの4つのポイントによって
1年が区切られていて
その期間ごとに運気の流れだったり
目指すテーマや方向性が変わります

それを表しているのが
春分図、夏至図、秋分図、冬至図でして
今回は秋分ですからね
太陽が天秤座に入った瞬間の空の様子から
冬至までの約3ヶ月間を読んでいきたいと思います

 

***

 

まず3ヶ月の全体の雰囲気を表すASCは
『自分の頭で判断するのではなく
直感や、周囲の人の導きなどによって最善の方向に導かれる』
という意味を持つ
蟹座の2度(サビアン 読みだと3度)にあります

そして蟹座の支配星である月は
働き方や健康を表す6ハウスにいて
天王星と150度

これは
私たちの生活や考え方が
訓練によって新しく書き換えられていく
みたいな感じです

 

なので、まとめると
秋分からの3ヶ月間は
突然の出来事(変化)によって
私たちの暮らし方だったり
価値観、働き方・健康に対する認識が
これからの時代に合うように
どんどん書き換えられていくことになると思います

まぁ、今までもそんな感じでしたから
引き続き
“変化を余儀なくされる時期”が
まだまだ続くということです

 

あとは
私たちの目指すものを表す太陽が
環境(身の回り)・基盤を表す4ハウスにいることから
そうやって新しく書き換えられていく価値観に合うように
自分の環境(お家・職場)を
整えていく人も多くなっていくと思います

 

ーー 変化を受け入れながら新しい基盤を作っていく ーー

そんな感じですね

 

意識の仕方のポイントとしては
「大きな力に身を委ねていくことで
最善の方向へと導かれる」
ということですので

自分の主観で決めるよりも
時代や今の流れに合わせた
選択・行動をしていくのがいいかと思います

 

***

 

ちなみにですが
今の流れ・雰囲気がガラッと変わってくるのは
冬至(12/21)あたりからだと思います

 

冬至の数日後に
グレートコンジャンクションが起こる
というのもありますが

春分・夏至・秋分と
ずっと蟹座だったASCが
冬至になると獅子座に変わるのです

 

ASCは全体の雰囲気や流れを表すポイントで
今は全体の雰囲気として蟹座の
「基盤・土台づくり」的な感じになっていますが
冬至からは獅子座的
つまり
「個人が輝き、新たな世界を創造していく」
といった雰囲気になっていくはずです

 

***

 

ということで
秋分からも
抗うことのできない
大きな力によって流されていく
(改革されていく)感があります

ただ、それもあと3ヶ月のようです

 

秋分図を見ると
この3ヶ月間は
まだまだ衝撃的なことが
起きてきたとしてもおかしくない感じですが

現実・現状を受け入れ
そこでどう生きていくかを
考えるようにしていきましょう

 

悩みすぎて
何が何だか分からなくなった時は
頭で考えるのをやめて
自然の流れに身をまかせるのが1番です

ちっぽけな自分の力で
どうにかしようったってたかが知れていて
それよりも
大きな力によって導かれていく運命を信じて
ゆったりとした気持ちで身を委ね
そこで楽しく生きていける道を探しましょう

 

この新しい世界で
楽しく生きられる方法
(環境・仕事・生き方・暮らし方)を見つける

これが秋分の日からのテーマです

 

***

 

最後にもうひとつ
散々“変化を受け入れていくこと”と
お伝えしてきましたが
備えられる準備はちゃんとしておくことは
とても大切です

 

というのも、秋分図をみると
とても天災が起こりやすい配置となっています

特に、土星・冥王星ー火星ー水星のTスクエアは
大地震を表し
MCの隣に海王星がいる時は
水害(大雨・津波など)の被害も多いと読むことができます

※MC×海王星は
感染症が広がるとも読むことができるので
そこも注意が必要

 

防災グッズの準備などは
今からでもできることで
備えがあるのとないのとでは
受けるダメージも変わってきます

 

起きてしまったことは
受け入れていくしかないですが

起きる前にできることは
諦めないで
しっかり備えておいてくださいね

 

この星読みが誰かのお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました