夏至からの過ごし方 〜世界はガラッと変わる〜

・全体の星の流れ

6/21太陽が蟹座に入ります。
つまり《夏至》です。

春分、夏至、春分、冬至
星読みの世界ではこの4つのポイントによって
1年が区切られていて
その期間ごとに雰囲気(運気の流れ)だったり
目指すテーマや方向性が変わります。

それを表しているのが
春分図、夏至図、秋分図、冬至図でして
今回は夏至ですからね。
太陽が蟹座に入った瞬間の空の様子から
秋分までの約3ヶ月間を読んでいきたいと思います。

 

***

 

【夏至図の星読み】

 

まず、夏至から秋分までの3ヶ月間の雰囲気を表すASCは
驚いたことに、春分図と同じ
「違うものを公平に比較して良い方を選んでいく」という
蟹座の28度にありますから

夏至になっても
春分からの
「違うものを比較していい方を選んでいく」
という流れが継続されると読むことができます。

なので、春分からの3ヶ月間も
働き方、勉強の仕方、遊び方など
いろいろなことが大きく変わってきましたが
この「変化」の流れはこれからもまだまだ続きます。

 

しかも、ASCのルーラである月を見てみると
火星と90度
冥王星・木星とは150度で

これは
絶対的な力で無理やり矯正させられて
強烈なストレスを感じる…
みたいな組み合わせですから

今までは
選ぶか、選ばないか
選択の自由があったけど
夏至からはそれまでもなくなっていくような感じがします。

 

太陽を見ても
土星と150度で
これは訓練によって、役立つ資質(価値観)を身につける
といった組み合わせなので

なんだろう
やっぱりこれからは
強制感っていうんですかね
何かを無理矢理やらされていく感(そっちに矯正させられていく感)
が強まると思います。

 

ただ、150度って
はじめのうちは違和感だらけで辛いんですけど
決して悪いアスペクトではなくて
たとえば
太陽と土星の150度だったら
「服を着て歩く」とか、まさに!な感じなんです。

「えっ?!そんなこと当たり前やん!!」
って思ったと思うのですが

いえいえ、それを当たり前にしたのは
土星の150度です。

そもそも人間は生まれた時は
はだかんぼうで
でも、裸で暮らしているのは
恥ずかしいとか
お腹が冷えるとか
病気になりやすいとか
そういうデメリットがあって

わからないですけどね
はじめは葉っぱで隠したり
こんぶを巻いてみたり(こんぶ?!)
そして、布ができたら布を巻いてみたりして
だんだんと服を着る文化が定着していったんだと思うんです。

服を着るというのは
本来、ナチュラルなことではありませんが
必要だから、訓練して「当たり前」にさせたのです。

 

なので、これから私たちも
大きな力によって
ますます無理矢理、新しい形に矯正させらて
「意味わからない!プンプン」
みたいな思いをするかもしれませんが
それは必要な矯正(未来の役に立つ矯正)だから
そうさせられている場合が多く

そして、それは今は不自然でも
それが今後の「当たり前」となっていきますから
柔軟に流れに乗ってしまうのが得策と言えます。

 

ただし!月は水星とミューチュアル・レセプションで
入れ替えて読むことができて

水星も火星と90度
冥王星・木星と150度となり

これは
強烈に力のある人(組織)が情報を広めるとか
強烈な情報が広まるとかで
操作されたり、洗脳されやすい組み合わせです。

しかも、本来の水星は
逆行中で、しかもノーアスペクトなので
デマが紛れ込んだり、拡散する可能性もすごく高く、

情報(情報源)をきちんと選んでいかないと
人生が変わってしまう可能性がありますから

自らがきちんと
新しい情報を集め
「本当のことを知ろうとしていく姿勢」でいることが大切です。

 

 

***

 

ということで
夏至からの3ヶ月間は
全ての人が一斉に、訓練(矯正)させられ
新たな価値観を叩き込まれていく
といった流れになると思います。

海王星のパワーも最強となるため
これまでのいろんなことが浄化される(終了させられる)と同時に
新たな可能性がたくさん見えてくる期間となり

(海王星なので
感染症もまだまだ怖いですし
地震の津波、大雨などの水害も心配です)

厳しい状況になったり
今までの自分にはなかった
価値観や可能性に触れ、戸惑い、迷うこともあると思います。

ですが、その中でどれだけ偏見をなくし
素直に新たな価値観の良さやメリット、将来性を見つけ
変わることを恐れずに
自分のものにしていけるかどうかで
未来は大きく変わっていきます。

 

***

 

最後に、ひとつ

3ヶ月後
いろんなことが起きて
いろんなことが変わっていたとしても、
それでも“変わらなかったもの”が絶対にあるはずです。

逆境の中で残ったものこそ
(手放さずに守り抜いたもの)
自分にとって本当に価値があるものです。

自分には一体何が残るのか…
楽しみですね。

ではでは
この記事が誰かのお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました