〜 私たちはどう変わっていけばいいのか 〜星を見て思うこと

・星からのメッセージ

 

私たちは今
2020年12月22日に水瓶座で迎える
グランドミューテーション
(グレートコンジャンクションが起こる星座(場所)のエレメントが変わること)
によって

約240年続いた地の時代から
風の時代へと変わろうとしています。

 

星には転機となるイベントがたくさんあります。
新月や満月もそうですし
サインが変わったり、逆行、順行なんかもそうです。

その都度、節目を迎え
新しいサイクルへ入っていっていますが
実際「ものすごい実感できた節目」は
少ないように思います。

ですが今回の変化は
まず、変化のきっかけを作っているのが「疫病」で
まさに、これは
「流行り」や「拡大」を意味する“風の力”ですから

はじまる前から
風の力をこんなにも見せつけてきて
「宇宙も本気でやる気だな…」って感じがします。

 

***

 

最近はコロナが収まってき(たのか?)て
お店や街などにも人が戻りはじめ、
少しずつ元の生活が戻ってきたようにも感じますが

確実にコロナ前の世界に戻ることはなく
これからは
風の時代に移行していく一方ですから
ここで、安心して元に戻ってしまっては
取り残されてしまいます。

 

では、どんな意識で過ごしていけばいいかですが
“風の時代”といいましても
今回グレートノンジャンクションが起こるのは
風のサインの中の水瓶座ですから

細かくいうと
今年の12月からは
“水瓶座の時代”が始まるということになります。

 

水瓶座とは
「平等さ」や「普遍性」を追求する
天王星を支配星に持つ星座です。

なので、たとえば

どこにいても困らず
普段通りの生活を送ることができる

誰もが自分の権利を主張できる

なんてのいうは
すべて水瓶座(天王星)の力となります

 

ーー どこにいても困らず、普段通りの生活ができる ーー

 

これって

おうちでもお仕事ができる
おうちでもお勉強ができる
おうちでもレストランの食事が楽しめる

ステイホームで目指していたことだと思いませんか?

 

なので、簡単に言ってしまえば
私たちはこのままコロナが収まらなくても
生きていけるようにするつもりで
これからの暮らしを整えていくことです。

 

***

 

また、2020年12月に起こる
グレートコンジャンクションですが
「これが過ぎれば落ち着く」と思っている人が多そうですが
これは序章に過ぎません!

(そう考えると、このコロナ騒ぎは序章の序章か…)

「ひとまず…」といえるのは
冥王星が水瓶座に移動する2024年末です。

コロナはきっと終息すると思います。

でも、2024年までの星を見ていくと
新たな疫病だって怪しいし
戦争だって怪しいし
自然災害だって怪しいし…

今のコロナよりも
未来はもっともっと
外出が危険になっている可能性があるのです。

 

ですから
コロナが終わったらかといって
元に戻るような立て直しの仕方をするのではなくて

これからは

 

ーー 場所を選ばず
   どこにいてもこれまでと
   同じような生活が送れること ーー

 

を意識して
暮らし方を変えていくことが本当に大切になります。

 

***

 

あと、水瓶座の「平等さ」についても
少し思うことがあるので書いておきますが

これは
「場所を選ばず」にも通じますが

冥王星が水瓶座に滞在する約20年間で
“都心”の価値が下がり
“田舎”の価値が上がってくると思います。

また、お金に関しても
ベーシックインカムが導入されるところが多くなると思います。

 

(( これは私の妄想ですが ))

水瓶座の平等っていうのは
「みんなが同じ」じゃなくて「個人としての尊重」です。

ベーシックインカムにより
最低限の生活が保障されたことで
もっと自分らしくいきられるようになって
多くの人が
自分の個性を生かした仕事が
できるようになったら素敵だなぁとも思います。

 

***

 

今は未来の土台を作る時です
コロナの終息がゴールではありません
“本当に変わる2024年”に向けて
今、しっかりと未来を見つめ
生きる土台を作っていきましょう。

 

ーー どこにいたって生きていける ーー

 

これからは
軽やかな生き方が最強で最高です。

この記事が誰かのお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました