〜長く続く土台作りを〜 2020.5/11 土星が逆行します

【星読み】

【土星の逆行について】

「ルール」とか「続けてきたこと」などを意味する
土星の逆行が始まると
個人的にも社会的にも
それを見直していく流れになります

ただ、今は土星は3月に水瓶座に入ったばかりだから
今回の逆行では
なんていうかな…
新しくはじめようとしていること
新しい基盤やルールにしようとしていることを見直していく
みたいな流れになっていくと思います

なのでこの数ヶ月間は
(特に土星が水瓶座に入った3月以降に)
決められたことや、はじめられたことに関しての
再検討や、ぽしゃりが増えそうですね
(国の政策もなかなか進まないはず)

***

ただ、土星だって
いぢわるでそんなことするわけではありません

私たちは
コロナの影響で生活がガラッと変わり
生きていくために
あらゆることのオンライン化や
飲食業のテイクアウトサービスなど
強制的かつ迅速に対応(変化)していかなければなりませんでした

ーー “じっくり考える間も無く”です ーー

とはいえ、12月には
水瓶座でグレートコンジャンクション(土星と木星が重なること)が起こり
本格的に風の時代へと入っていくので
この大変化の流れは間違ってはいないのです

ただ、風の時代がはじまるということは
今後は“風の時代が定着する”ということで

今、風の時代に向けて
ものすごい勢いで変わっていることが定着していく
(未来の常識になっていく)

つまりそれは
今、じっくり考える間も無く決断していることが
定着し、続いていってしまう
ということになるのです

土星とは
長く続くしっかりしたものを作り、守っていく星ですから
きっと、それが嫌だし、心配なんでしょうね

なので逆行がはじまる5/11から、逆行が終わる9/22までは
土星が水瓶座入りした3月以降に(もっと早い人もいる)
私たちが決めたこと、はじめたことに対して

「その決断は、その場しのぎじゃなくて未来を見据えた決断ですか?」

「それが、今後のあなたの基盤になっていきますけど大丈夫ですか?」

「それは、あなたが本当にやりたいと思っていることですか?後悔はありませんか?」

「それで不備はない?」

といった確認をするために
土星が何かしらのお試しを仕掛けてくると思います

そして、先が見えないもの、手落ちがあるもの、
その場しのぎ的なものは
容赦無く見直しや、やり直しを余儀されなくます

***

頭を悩ませ出した決断がぽしゃられてしまったら
泣いちゃいますけど…

私たちは今
時代の渦の中で
一生懸命『未来の土台』を作っているのです

それを忘れてはいけません

逆行中は色々考えること…
というか
考え直さなけらばならない問題が出てくるでしょうが

“今”を乗り切るための決断ではなく
“未来”を意識した決断、選択に変えていくこと

それを意識してしっかり向き合っていけば
逆行が終わる9/22には
生きていく土台もしっかり出来上がっているはずですし
12月からの本格的な風の時代への移行もスムーズになると思います

ポイントは
ズルや手抜きをしないこと

土星は厳しい星ですが
だからこそ
長く続いていくしっかりした土台を作れるのです

この記事がお役に立つことを祈っています。゚.o。*:.☆。.:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました