【土星山羊座期ラストスパート!】学びと答えと、そこから見えてくる次の目標

・全体の星の流れ

今年の3月から水瓶座に入っていた土星が
本日7月2日、山羊座に戻ります。

山羊座に戻った土星は
12月17日まで山羊座に滞在することになるのですが
今回の帰還(7月2日〜12月17日までの約半年間)が
山羊座土星期の本当の意味でのラスト。

思い返せば
土星が山羊座入りをしたのは2017年12月。
私たちはそこから2年以上かけて
土星が与える
「山羊座らしい課題」と向き合ってきたわけになるわけです。

ですがそれも、あと半年で終わり。。。

***

みなさんは
この2年で頑張ってきたことはありますか?

山羊座の土星期なので
・具現化
・達成
・成功
・極める
といったテーマと向き合ってきた人が多かったと思うのですが

それの結果や答えも
このラスト半年で
少しずつ出てくることになると思います。

***

ということで
今回はこの山羊座土星期間中に
あなたが向き合ってきたであろうこと、
それによってどんな結果や答えを受け取ることになるのかについて
星座別で読んでみましたので

是非、ご自分の星座と照らし合わせ
自分を見つめ直してもらえたらと思います。

その時ですが
山羊座の課題を達成したからこそ
「見えてくるもの(未来の可能性)」があるはずで
それが「今後もの目標」(風の時代を生きていく土台)となっていきますから

結果や答えを受け取って終わりではなく
山羊座土星期を生き抜いた
「今の自分だからこそできること」
についても考えてみてもらえたらと思います。

***

牡羊座の人or土星が10ハウスにきた人

社会的居場所の確立について奮闘させられる2年半でした。
就活、転職、昇進、独立、企業で悩んだ人も多かったと思いますし
自分がこの先「どう生きていくか」について
考えさせられることも多かったと思います。

この2年間きちんと、自分と向き合ってきた人は
そろそろその答えが出始めて
土星が完全に水瓶座入りする12月にははっきりしているはず。
きっと “自分の居るべき場所で、やるべきことをやれている自分”
を実感できるでしょう。

居場所ができたら、次は、そこでどんな風に輝きたいかです。

 

***

牡牛座の人or土星が9ハウスにきた人

夢や目標を叶えるために、
もしくは専門家やプロになるために知識を深めていく2年半でした。

時には結果や成果がなかなか出なくて
心が折れそうになったこともあったかもしれません。
ですが、この2年と半年…
苦労しながら学んだ知識は、今後の自分の大きな武器となりました。
12月まではさらにその武器を磨くこと。

そして次の目標は
その武器を使い、どんな人生を切り開いていくかです。

***

ふたご座の人or土星が8ハウスにきた人

他者との関わり方を学んでいく2年半でした。
もしかすると嫌でも
誰かの力を借りなければならいことや
誰かのことを傷つけなければならないことがあったかもしれません。
中には人に裏切られるような経験をした人もいたかもしれません。
ですが、そんな体験をしたからこそ
「深く繋がることの出来る相手」
が見つかった人も多いはず。
また、自分のためだけでなく
誰かのために頑張る2年半になった人もいると思います。

自分は一人じゃないこと
人と深く繋がることの大切さを学んだ2年だったのではないでしょうか。

次はその絆を大切にできる生き方を目指していきましょう。

***

かに座の人or土星が7ハウスにきた人

人間関係の中から自分に足りない部分を学んでいく2年でした。
もしかすると 恋人や、他人の事を信用できなくなったり
相手の欠点や不満ばかりに意識が向き
その人と関わっていくことに疑問を感じたり、
拒否反応が出たりした人もいたかもしれません。

ただし、はじめにも書いたように
あなたにとって
この2年は人間関係によって“自分に足りない部分”を学ぶ時期でした。
人と関わり、嫌な気持ちになった時
なぜそんな気持ちになるのか、深く考えてみたでしょうか?
それが相手のせいではなくて
「自分自身の問題」であると気づいた時、人との関わり方がガラリと変わります。

もし、今も人間関係で苦しんでいる人は
12月までの半年間で
自分自身の問題(依存や、劣等感)から抜け出し
人と対等に関わる努力をしていきましょう。

次の目標は「自分らしく生きること」です。

***

獅子座の人or土星が6ハウスにきた人

自分の中のルールや、社会のルールを守り
忍耐強く努力していく2年半でした。
規則に縛られやすい2年半だったので
感情が抑圧され、プレッシャーや堅苦しさを感じる人も多かったと思いますし、
「自分はこれだけやっているのに…」
そんな気持ちになることも多かったと思います。

それでも、忍耐強く努力し
きちんと自分の責任、役割を果たすことができた人は
この半年間で
自分が前の自分とは比べられないほどに
周りからの信頼、評価を得ていることに気づいて
びっくりすると思います。

また、プレッシャーの多い2年半でしたので
神経質になり、
そこから体調が崩れることも多かったかと思います。
残りの半年も
ルールや規則は必要ですが
それにこだわりすぎると、自分が苦しくなります。
息抜きをしながら進んでいって下さいね。

“地道な努力や苦労が、自分を作る”ということを
身をもって体験できたあなたの次の目標は
それを土台に、自分の世界を広げていくことです。

***

乙女座の人or土星が5ハウスにきた人

シャイな自分、自信のない自分と向き合う2年半となりました。
「失敗してしまったら…恥をかいてしまったら…」
そう思って
自分を抑えてしまい、後悔するようなことが多かったのではないでしょうか。
また、自分が色々控えてしまうので、
自由にやれてる他人にイラッとした事もあったかもしれません。

この後悔やイラっとは
「自分を抑えてしまっている事に気づかせてくれるサイン」でした。
もし、そのサインが今も出ている人は
12月までは意識して、
いろいろなことに挑戦し、自分の思いを伝えていきましょう。

あなたにとって
この2年半は、いわば「自信をつける2年半」でした。
それには、自分の弱みを克服し
人前に出ても恥ずかしくない程度に
自分を「完璧」にする必要がありました。

この2年半、きちんと向き合うことができた人は
自分への信頼=「自信」を手に入れることができたと思います。

次の目標は、自信を持って堂々と生きていくことです

***

天秤座の人or土星が4ハウスにきた人

家族の事や、プライベートで問題や葛藤が起こりやすく
孤独感を感じやすい2年半だっと思います。

ですが、あなたはその体験を通して
自分にとっての「安心できる居場所」を見つけることができたり
もしくは
自分自身が誰かの「安心できる居場所」になることが
できたのではないかと思います。

「信じられるもの」「安心できるもの」「絶対的なもの」
を探し求めた2年半でした。
はじめのうちは、恐れや不安から人と距離を置いたり、
拒絶してしまうこともあったかもしれませんが
それを乗り越え、他人と正直な気持ちを伝え合い
心の繋がりを作っていくことができた人は
心から落ち着くことができる
「自分の居場所」を手に入れるでしょう。

自分の居場所(安らげる場所)を見つけたあなたは
安心し、今までよりもっと強く、
もっと楽しく生きられるようになります。

そして“どう生きたいか”も見えてくるはずです。

***

蠍座の人or土星が3ハウスにきた人

知識の基礎をじっくり学んでいく2年半となりました。
学業に専念したり、再び学校へ通いだした人も多かったと思います。
資格を取るにもいい時期でした。
この2年半、知識の基礎をじっくりと学ぶことができた人は
「本当の理解」を深め、自信がついたと思います。

また“体験を通して学ぶ”2年でもありましたから
例えば、突然の病気や事故、トラブルなど
「えっ?!」と思うような出来事に遭遇した人も多かったと思います。
その体験を通して
自分を見直すきっかけができたり
表面的ではなく、常に物事の核心を心がけていくことの大切さについて
学ばされた人も多いと思います。

本当の意味での理解を深めたあなたは
生き方が変わってくると思います。
その学びをどう生かし、どう生きていくかが
次の目標となります。

***

射手座の人or土星が2ハウスにきた人

自分の価値観を見直していく2年半となりました。
わかりやすいところで言うと
お金の使い方や財務状況、あとは年金や保険、働き方の見直し、改善を
することになった人が多かったと思います。

また「自分のもの」に対して
深い疑いを抱きやすくなる時期でもありました。
何かを手に入れたとしても
それをすぐ失ってしまうのではないかという不安から
「物足りなさ」が埋まらず歯止めが利かなくなったり、
逆に豊かである事に罪悪感を感じたこともあったかもしれません。

この2年半、自分の“価値観”や“所有するもの”と
きちんと向き合えた人は
長期的な人生設計が見えてきたと思います。

次の目標は
その設計を立てただけで終わらせないこと

***

山羊座の人or土星が1ハウスにきた人

「自分とは何だろう」
そんなことを悩む2年半だっと思います。
また自分を制限してしまいやすく
そのため他人に自分の事を理解されにくい時期でもありました。
あとは責任がドカンとやってきた人もいるかもしれません。

ですが、この期間
たとえ、誰もわかってくれなかったとしても
自分を信じ、目標に向かって一歩一歩進むことができた人は
しっかりとその結果が出て
周りからも
「すごいね!頑張ったね!成長したね!」と言われることでしょう。

この2年半で自分のことが少しわかった気がしませんか?
案外、粘り強いんだなとか
やるときはやれるんだなとか。
自分への信頼度も上がったと思います。

「自分はできる」
次の目標はその信頼を胸に、いろんなことに挑戦していくこと。

***

水瓶座の人or土星が12ハウスにきた人

ハッキリした原因はわからないのだけど
なんとなく憂鬱になりやすく、
その“なんとなくある憂鬱”と向き合っていく
2年半だったと思います。

憂鬱の原因と向き合い整理した人もいるでしょうし、
もしくは
その憂鬱を綺麗に消し去ることが出来ないことに気づき
それすら受け入れ強く生きる決意を固めた人もいるでしょう。

ただ、どんな形でも
きちんと憂鬱と向き合い、受け入れることができた時
憂鬱の中にもキラキラした宝物が転がっていることに気づきます。
あなたにとってこの期間は
暗闇の中で宝探し探しをしているような時間でした。

「自分にはこんな素敵なものが隠されていたんだ!」
と思えるようなものは見つかりましたか?

次の目標は
その素敵なものに磨きをかけ、どんどん大きくしていくことです。

***

魚座の人or土星が11ハウスにきた人

人間関係の整理をする2年半でした。

自分と違うものに対して拒否反応が出やすく
人と本気で語り合う事とか、
ぶつかり合う事を避けていた人も多かったと思いますが
だからこそ
本当にわかり合える仲間がいる事の素晴らしさに気づくことができました。

わかり合えない人は切って、本当に繋がれる人を残していく。
それがきちんとできた人は
自分の周りに本当に大切な人しか残っていないはずです。

次の目標は
その残った本当に大切な人との絆を大切にして生きていくこと

***

これで全部ですね。みなさんはしっくりきましたか?

この記事が誰かのお役に立ちますように。゚.o。*:.☆。.:*

コメント

タイトルとURLをコピーしました